有難い調節をいただき、嬉しかった毎日でした

我々には、男女ともにぴんぴんはたらくひとしかいません。

こんな方々のアシスタント的セールスや総務のセールスをはじめ手に引き受けているのがこちらだ。
極めて困難セールスも多いし、みなさんつぎつぎセールスを言いつけてくるのでストレスの多い店だ。
しかも働き手のランチタイム会や親睦会など仕事の額でお食事をする時なども、当然のようにこちらが携帯番を言いつけられて、一度もその便宜にあずかったことがありません。
仕事の偉業がよくても、他の働き手の者は昇給されたり、インセンティブが出たりするのに、こちらはいつまでもおんなじお所得。それなのにどっさりエネルギーを見なきゃいけない働き手だけが増えていって。。。後から入ったういういしい奥様も、「総務はこの人がやるから、ちゃんは広報やってね」などといわれ、その後輩のお茶までこちらが入れできる始末。
その後輩マミーのパーティーも、当然のように「携帯番リクエストね」と言われ。
これは自社DVなのかな?とダウンもしましたが、返って面倒臭いしがらみもなく、ラクかもしれないと視点を変えてそれなりにやってきました。

そんなとき、とあるダディー働き手が転職してきました。明るくアクティブで優秀なダディーですぐに働き手の人気ものになりました。
無論パーティーも何度も開かれていました。
こちらはただひたすら、そのパーティーの受け取りを額精算始めるのみ。
「いつも単独だけ参入させなくてごめんね」「絶えず携帯番させてゴメンナサイね」「有難う」こんな台詞は誰からも言ってもらえないのは、いつものことなので気にしていませんでした。

ただし、その新入働き手のダディーだけは、あすにひっそりこちらにちっちゃなケーキというコーヒーを差し入れてくれたのです。
「前日は携帯番や残務メンテナンスをしてくれていたおかげで、こちらは嬉しい時期を送れました。ささやかですがお辞儀だ。今度は必ず一緒に呑みましょう!」という言及とともに。
こちらは感激して涙が出そうになりました。

特別ケーキをもらったことや、声をかけてもらったことがうれしかったわけではありません。
3通年、こういう仕事に正社員としてまじめに勤めてきていて、「おかげで」「有難う」なんて言われたことが1度もなかったので、そういった労いの言及や安堵の言及を言ってもらえたことや、付属に気づいてくれていたことがほんとに嬉しかったのです。

そのダディー働き手が入ってきてから、自社も「有難う」「たすかったよ」などワンポイント意見をかけるルーティンがついてきました。
このようにその人の魅力が、周りに掛かる者に著しく反映をあたえることがあるのだなと実感しました。

私もこういう会社で「こちらなんて!」と思いいじけて働いていましたが、声をかけてくれた容易い新入働き手ちゃんのように
私も近辺を明るくできるような者でありたいというようになり、お辞儀や微笑を頑張っています。iPhone8を予約でゲットした