今話題の街、「蔵前」をめぐってきました!

いま江東区の清澄白河が感度の高い青少年たちから支持を得ています。

ヒントはUSA大手コーヒーサイクル、「ブルーボトルコーヒー」の展開だ。事後清澄白河は喫茶店のストリートとして年がら年中テレビジョンや書物も特集されています。それに続いて今注目を浴びているのが・・浅草のちょっぴり南における蔵前だ。
蔵前・・気になっては行ったことのないストリート。キャッチフレーズが都内のブルックリン。ファクトでしょうか、一抹の困惑がよぎります。
神奈川の持ち家からも離れているし、渋谷・新宿とも違い一際案件がないと回る店のないストリート蔵前。ただしマスコミの気分がやむを得ず気になり、何とか過日蔵前の地に足を踏み入れました。
都営浅草線蔵前ターミナル、電車の入口から増えるのはとてつもない道路。さてどこにブルックリンさがあるのか・・特に事前にチェックしていた盛装アイテム屋に行ってみることに。
ターミナルからすぐ近くのリンケージという生計アイテムの店舗だ。確かに若々しい女の子が憧れそうな店構えだ。広々とした店内にはちらほら外人ツーリストの着こなしも。
傍マップがタダ配布されていたので堅持。どうも蔵前は歩いて回れる野原に様々な店舗が密集してあるご兆候。便利ですね。
去年オープンした複合建物「ミラー」には食堂に入るためにとっくに長蛇の列が・・土曜日の昼間時とはいえこんなに蔵前に絶頂な場所があるは。予想していなかった情景に感嘆。
近所のハンバーガー屋ちゃんにも列が出来ているし、完全に侮っていました。最後にダンデライオンチョコレートという、これまた米から日本に初展開というチョコレート工房併設のストアーへ。
ココ、はたして最高でした。店構えは至ってブルックリンを彷彿とさせます。キャッチフレーズはうわさじゃなかったよ・・!iphone6plus 乗り換え